雑記

面白いアナログゲーム!『放課後さいころ倶楽部』で紹介されたゲーム一覧

TVアニメ『放課後さいころ倶楽部』で紹介されたアナログゲームの一覧です。

第1話 マラケシュ

モロッコの都市マラケシュの市場をゲームの舞台に、小さな絨毯を上手に敷いていくボードゲーム

プレーヤー人数:2~4人(4人推奨)
対象年齢   :6歳以上

7マス×7マスの正方形のボード

遊び方・ルール

絨毯の枚数は
4人で遊ぶ場合は1人12枚
3人で遊ぶ場合は1人15枚
2人で遊ぶ場合は1人24枚

【1】商人をボードの中央に立たせ、サイコロを振る前に商人の向きを決める。サイコロを振り、出た目の数だけ商人を動かす(斜めは不可)

 ※サイコロの出目は1が1つ、2が2つ、3が2つ、4が1つ

【2】止まったマスに自分以外のプレーヤーの絨毯があれば、そのプレーヤーにお金を支払う。敷かれている絨毯の広さで支払う金額が変わる。1マスにつきコイン1枚。

【3】止まったマスの周囲に自分の絨毯を敷く。この時他のプレーヤーの絨毯に重なってもいいがすべて覆うことはできない。

【4】最後の絨毯を敷き終わるとゲーム終了。お金を数えて、一番多く稼いだプレーヤーの勝利。


第2話 ごきぶりポーカー

8種類の嫌われ者「ゴキブリ、ネズミ、コウモリ、ハエ、カエル、クモ、サソリ、カメムシ」が描かれたカードを押し付けあうカードゲーム

プレーヤー人数:2~6人
プレイ時間  :約20分程
対象年齢   :8歳以上

遊び方・ルール

☆ゲーム準備

全てのカードを、全員が同じ枚数となる範囲で配る
各動物カードは8枚ずつあり、8種×8枚の計64枚
5人なら1人12枚、6人なら1人10枚 等

親を決める
特に決め方は無いので、じゃんけん等でもよい※親が有利になる訳ではありません。逆に不利かも・・・

☆ゲームの進行

【1】親は適当なプレーヤーを1人選び、そのプレーヤーに対して手元からカードを1枚伏せた状態で出す

【2】この時に絵柄を宣言する(例えば「このカードはゴキブリです」)この宣言は真実でも嘘でも構わない

【3】選ばれたプレーヤーは渡されたカードを以下2つの方法で処理する
 【A】出題者の真偽を回答する
 【B】勝負を避け、別のプレーヤーに回す

【4-A】真偽を回答する場合は、出題者の言った事が正しいかどうかを宣言してからカードを表にする

【成功】カードを表にして出題者の前に置く
【失敗】カードを表にして自分の前に置く

【4-B】勝負を避けた場合は、そのカードを別のプレーヤーに対し同様に絵柄を宣言して渡す

※この時、伏せられたカードを確認してから別プレーヤーに渡す(例えば「本当にゴキブリでした」や「ゴキブリじゃなくてコウモリでした」等)

最後までみんなが回した場合は、最後に渡された人は強制的に絵柄真偽の判定をする

上記を繰り返し、下記状態になった者が敗北となる※1人が敗北、他全員が勝者となる

押し付けられたカードで、同じカードが4枚揃った
押し付けられたカードが8種類揃った
手元のカードが全て無くなった    


アニメの作品紹介はこちら

ABOUT ME
にしお
にしお
「アニメ先生にしお」を運営しているにしおです。 TVアニメのレビューをメインに綴ってます。 アニメオタクでもなんとか生きやすくなりつつある世の中に感謝。 素敵な作品が数多く存在します!少しでもアニメに興味を持ってもらえるようなサイトにしていきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です